メディカルニッコール 120mm/f4 (IF)


デジタル時代に生き返る


ニッコールレンズの中で、UVニッコールに並んで特需向けレンズがこのメディカルニッコール120/4です。

1981年に発売されたこのレンズは、先に発売されていたメディカルニッコール200/5.6えお使っていて、もっと近くに寄って簡単に撮影したい
とのリクエストに答えたものの様な気がします。

当然、メディカルでも圧倒的に「歯医者」さんが使う事が多いレンズです。

リングフラッシュと内蔵し、非常に均一な光で撮影する事ができる唯一のレンズです。


製造番号は 180041から始まっていて、どれほど作られたかは定かではありませんが、中古屋さんでの出現確率から、
2万本あたりかとだと思っています。

ただ、このレンズは特需という事もあり、もしかしたら、
どっかのニコンの工場で作られていて、直販されているかもしれません。

セットとしては、必ず持っておきたいものは、「アタッチメント交換レンズ」です。
この120ミリはこの1種類だけで、付属していたものらしく、これが無い中古品をよく見ます。



2002年あたりまでは、DC電源、AC電源、シンクロケーブル、電源ケーブルはまたカタログに載っていた様な気がしますが、
さすがに、今ではもう無い様です。


デジタルで使っても非常に良く撮れるレンズで、ここ最近では見直しされていて、人気のレンズです。

デジタルの場合、数回試し取りしてから、画像を見て、露出決めれば良いので、非常に簡単に撮影できます。

余談ですが、フジのファインピクスS1プロの取扱説明書でも、このレンズの使用注意が出てきます。
販売完了のレンズの使い方が、他メーカの取扱説明書に出てくるって事は、今でもバリバリ現役なんでしょう。

今、綺麗なものはなかなか手に入りません、AF−SさんにっぱI型くらいの価格は覚悟しなくてはいけません。


レンズ本体
0.8×〜2×のクローズアップレンズ
シンクロケ−ブル(SC−22)、カメラシンクロ部ケーブル、電源ケーブル等
DC電源(LD−2)、AC電源(LA−2)




それぞれの写真をクリックしても大きな画像は出てきません。

 ARI HOMEへ